妊娠線と正中線の違い

こんにちは。(o^∇^o)ノ

今日は『妊娠線と正中線の違い』について書いてみます。

 

意外と知らない人が多いと思うんですが、そういう私も全然知りませんでした。

 

だから、今回すごく勉強になりましたね。

 
ベルタマザークリーム

 

 

まず、妊娠線とは

体重が増えることで皮膚が急激に伸びてしまいます。

そして、肌の乾燥により皮下組織が断裂してできる線が『妊娠線』です。

(・0・*)ホ,ホ–ッッ!!!

 

 

お次は正中線とは。

お腹の真ん中にできる1本の茶色に近い色をした縦線のことを『正中線』といいます。

 

この正中線は男女に関係なく生まれながらにあるものなんですね。実は。

なぜなら、自分が胎児の頃に細胞分裂したときの結合部の名残だから。

 

(・0・*)ホ,ホ–ッッ!!!

 

(覚えていないですか?)

(覚えているわけ無いかw)

 

 

女性の場合、妊娠する前は正中線は目立たないから、特に気にならないのですが、妊娠してお腹が大きくなってくると、皮膚が薄くなってくるから、正中線が目立つようになってくるんですね。

 

その時に、初めて気づくんです。

『この線何?』って。

 

それに妊娠線と間違えてしまうこともよくあります。

 

(・∀・。)(-∀-。)(・∀・。)(-∀-。)ぅんぅん
妊娠初期のケア
また、ホルモンのバランスが変化して、メラニン色素が溜まってしまうと目立つと言われています。

 

妊娠中に正中線が目立ってしまうのなら、メラニンを取り除くことが対策になるんです。

 

その為には葉酸が配合されている妊娠中に使えるクリームを塗って対策するといいんです。

 

何かと敏感になる妊娠中ですから、安心・安全なクリームがいいですよね。

 

( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _そうそう

 

それなら『ベルタマザークリーム』に限ります。

 

ベルタマザークリーム

 

妊娠線に効果のあるシラノール誘導体を配合してあるし
さらには美容成分3種類、アミン酸ビタミン5種類も入っています。

 

妊娠中のママの為のクリームなんです。

(^ε^)♪

 
ベルタマザークリーム