青色申告での複式簿記のよくわからない勘定科目の書き方

青色申告では複式簿記で記載することが必須条件になります。

でも、その複式簿記の中でどのように扱えばいいのか?わからない勘定科目ってありますよね。

しょっちゅう使うわけでもないし・・・。

私が困った経験があるよくわからない勘定科目について解説してみます。

個人事業主の借り入れの扱い方

事業用に借りたお金の経理処理について。

個人事業を始めるにあたり運転資金や設備等を購入するのに銀行などから借り入れを行いケースもあります。 その場合に借りたお金は、『負債』として計上します。

また、毎月返済していく中で、利息も支払いますが、この利息は支払利息として経費にできます。 元本は『負債』で利息は『経費』です。

また、設備投資で機械などを購入したり、社用車を購入した場合は、『未払金』として処理します。 『借入金』と間違えないようにする必要があります。

事業主貸と事業主借の違いは?

個人事業主は事業用の財布と個人用の財布を使い分けることが望ましいですが、そうでない場合は多々あります。 (* ̄∇ ̄*)エヘヘ

個人の財布から事業用の支払いをしたときや、その逆の時も勘定科目に『事業主貸』『事業主借』などを使います

事業主貸とは

個人のお金で支払うべきケースを事業用のお金で支払ったケースが該当します。事業主が個人に貸していると考えます。

事業主借とは

事業のお金で支払うべきところを、個人のお金で支払ったケースで使います。事業主が個人から借りていると考えます。

事業用の通帳に銀行から利息があった場合や、税金の還付や保険の解約に伴う返戻金が会った場合は、事業とは関係ないので『事業主借』を勘定科目して処理します。

会議費と接待交際費の違いと使い分け

接待交際費や会議費は経費になの?

というのは、いつの時代も疑問に思うことです。

(・∀・。)(-∀-。)(・∀・。)(-∀-。)ぅんぅん

接待交際費とは

『接待交際費』は、取引先の担当者とお店で打ち合わせをした場合は『接待交際費』として経費計上できます。

喫茶店を利用した場合は『会議費』になります。お弁当やお菓子も『会議費』になります。

難しいのは家族(青色専従者)と外食をした場合です。

その外食をしたときに仕事上の打ち合わせをしたのか?仕事上の必要性が本当にあるのか?、ということが重要になります。

あとで税務調査が入った時に証明できるように、議事録を残しておくといいでしょう。『いつ・誰と・どこで・どのような内容の会議をしたか』を記録しておきます。

接待交際費の例

接待交際費として計上できるもの

  • 取引先へのお中元・お歳暮
  • 取引先への慶弔費
  • 運転手に支払うチップ
  • 情報提供に伴う謝礼金

福利厚生費として計上できるもの

  • 社員旅行
  • 慶弔費
  • 残業した時の食事代
  • 忘年会

クレジットカードで支払った場合の勘定科目は?

クレジットカードを使って経費を支払った場合は、貸方に『未払金』でその都度処理します。

そして普通預金口座から引き落とされた時に、借方に『未払金』で合計金額を処理します。

これが複式簿記の原則のやり方になります。

しかし、会計には『重要性の原則』という考え方があり、金額的に重要でない場合は、簡便的に処理してもよいのです。

クレジットカードを使った都度に経費計上して行います。『会計上の現金主義』という考え方です。 (未払金で処理しないで現金で支払ったように処理します)

ETCカードを利用して高速道路の通行料を払った場合も同じようになります。

また、電子マネーを利用した場合も同じで、実際に使用した時に事業用の支出のみ経費に計上できます。

例えば5千円をチャージしたとして、チャージしただけではお金を移動させただけなので経費にはできません。 電車などに乗って旅費交通費として発生した時に経費計上できます。

ただし、事業用専用で事業以外に使わないケースは、チャージした時に経費計上しても問題ありません。

領収書を忘れずに発行しておきましょう。 それと、12月31日の年末の時点でチャージした金額の未使用分があったら、その金額を経費から差し引く処理をしなくてはいけません。

借方と貸方の違いは?青色申告の複式簿記がわかる!

借方と貸方を記載する方式が複式簿記になります。

青色申告特別控除受ける場合は、この複式簿記で記帳しないといけません。
帳簿の左側を借方、右側を貸方といっています。

青色申告の複式簿記の借方に記帳する内容

  • 資産の増加(売上による現金や売掛金の増加など)
  • 負債の減少(買掛金の支払いによる債務の減少など)
  • 純資産の減少(元入金を事業主へ返金したことによる減少)
  • 費用の発生(仕入れなどにより経費の発生など)

青色申告の複式簿記の貸方に記帳する内容

  • 資産の減少(経費の支払いによる現金の減少など)
  • 負債の増加(銀行借入金による債務の増加など)
  • 純資産の増加(事業主からの元入金の増加)
  • 収益の発生(商品の売上による収益の発生)

借方と貸方の合計金額は同じになります。同じで無い場合は間違った箇所が必ずあるので訂正する必要があります。

勘定科目と借方・貸方へ分ける

全ての勘定科目は

    • 『資産』
    • 『負債』
    • 『純資産』
    • 『収益』
    • 『費用』

のどれかに該当します。

そして内容によって借方・貸方のどちらかに振り分けます。

『資産』は事業の財産 資産の増加は借方
資産の減少は貸方
『負債』は支払い義務のあるお金 負債の減少は借方
負債の増加は貸方
『純資産』は事業の元入金 元入金の減少は借方
元入金の増加は貸方
『収益』は事業から発生した収入 収入の減少は借方
収入の増加は貸方
『費用』は売上の為に必要な支出 費用の発生は借方
費用の消滅は貸方

青色申告で必須の複式簿記をわかりやすく解説

青色申告で確定申告する人が最初に躓くのが複式簿記です。

サラリーマンの時は、経理の担当者に全てを任せていますから、自分で記帳した事がある人は、ほぼゼロです。

苦手な人が多いのですが、今は確定申告のソフトが出回っているので、それに入力すればOKです。

でも、自分で一通り理解しておかないと余分に税金を払っても気づかないし、もっと節税出来たかもしれないので一通り理解しておきたいところです。

ちなみに税務署は、本来は経費にならないけれど経費として計上したために、支払う税金が少ない事がわかったら指摘してきますが
節税できるのにしておらず、税金を多く余分に払っている分には、何も言ってきませんから!!

確定申告での単式簿記とは

単式簿記では、金額を収入と支出に分けてそれぞれ該当するところに記載すればいいだけです。
たとえば、現金で売上が5万円あったら収入の所の売上50,000円と書けばいいのです。

確定申告での複式簿記とは

しかし、複式簿記では科目を借方(左側)と貸方(右側・発生原因)に振り分けます。

売上げがあったら、左側の借方に現金と書いて、右の貸方に売上と書きます。左右の金額は同じになります。
(現金で収入があった、それは売上の収入という意味になります)

そして、仕訳帳に仕訳をしていきます。

その仕訳帳をもとに勘定科目ごとに取引をまとめた総勘定元帳に転記します。

ポイントは、現金が増えれば左側に記載して、減ったら右側に現金と記載しますし、現金以外でも勘定科目の売掛金、預金などど該当する科目に置き換えればいいだけです。

借金1万円した時は、収入があったので左側に現金10,000円、右側に借金10,000円と書きます。

貸借対照表とは

貸借対照表は、資産と負債と純資産に区別されます。
資産=負債+純資産

損益計算書とは

会計期間における儲けや純利益を表します。

勘定科目一覧

勘定科目について1つ1つ細かく解説します。

最初はわかりにくいですが、何度も見ていると覚えてしまい、わかるようになってきますよ。

資産の部

現金 キャッシュ
普通預金 金融機関に預け入れてある現金
売掛金 掛け取引により発生した売上時の代金を回収できる権利
商品 在庫として存在する商品
前払い費 保険料や家賃など翌年以降に対応する部分の費用
立替金 従業員や得意先などから立替えた金額
仮払金 支出の内容が不明確な場合に仮に計上しておく科目
建物 店舗や工場、事務所の建物で屋根と壁のある工作物
建物付属設備 建物の電気設備や空調設備など建物と区別されているが建物に付属している設備
構築物 舗装道路や看板など建物や建物付属設備以外で土地の上に定着した構造物
車両運搬具 自動車やトラック・オートバイなどの運搬具
工具器具備品 工具やパソコン、コピー機、電話機など事業活動を行う上で使用する物
土地 事業活動をする場合の土地の購入代金

負債

買掛金 掛け取引により発生した仕入れ時に代金を支払う義務
未払い金 光熱費や電話代など、営業取引ではない費用の金銭債務
仮受金 入金内容が不明確な場合に仮に計上しておく科目
預り金 源泉所得税など返金や支払いをするために一時的に預かった金銭
前受金 得意先から預かった手付金や内金
短期借入金 返済期限が1年以内の金融機関などから借入したお金
長期借入金 返済期限が1年以上の金融機関などから借入したお金

収益

売上高 事業活動で得られた収入
雑収入 事業活動以外で得られた収益

費用

租税公課 国税や地方税などの納付する税金
荷造運賃 事業活動を行う際の商品や製品を梱包、発送するためにかかった費用
水道光熱費 事業活動を行う際に発生した水道・ガス・電気代
旅費交通費 事業活動を行う際に発生した、電車やバスなどの交通費
通信費 インターネット・電話・切手代
広告宣伝費 看板代・チラシ等で求人や商品の宣伝を行った際にかかった費用
接待交際費 仕入れ先や取引先などを接待したときの費用
損害保険料 事業用の事務所や車などの火災保険、自動車保険
修繕費 固定資産を維持・修理する為の費用
消耗品費 文房具・備品などで支払金額が10万円未満の物
減価償却費 固定資産を使用する事に伴う償却する費用
福利厚生費 従業員の為に支出した慶弔や慰安などの為の費用
賃金 従業員を雇用して支払った給与
外注工賃 外部に支払った手間賃や下請け工賃
利子割引料 事業活動を行う際に借入したお金にかかる利息や割引手形の割引料
地代家賃 事業活動を行う際の建物の家賃や駐車場代
貸倒損失 売掛金や未収入金、立替金などの金銭債権が回収不能になった場合の損失
支払手数料 取引上の手数料
車両費 自動車などにかかる費用でガソリン代など
雑費 どの勘定科目にも一致しなく、重要性が高くない費用