法人契約で年会費無料のETCカードってある!

会社の仕事で高速道路を毎日のように利用していたら、高速料金代って、頭の痛い問題です。

 

『通行料を減らせ』って上司にいつも文句を言われています。

さぼっている訳じゃないのに、そんなこと言われてもね~。

 

でも、今だにICで手渡しで料金を精算しているのは、うちの会社くらいです。

 

時間もかかるし、会計業務も手間がかかります。

 

経営の効率を上げるためにも『法人契約できるetcカード』を会社として作りましょう。

 

会社で業務に必要なので、etcカードを発行したいと考えたら、法人契約してくれるETCカードを選ばないといけません。

 

おすすめ法人用etcカード

高速情報協同組合の法人etcカード

  • 年会費無料
  • 発行手数料540円(1枚)
  • クレジット機能無し
  • 休日割引30%OFF
  • 深夜割引30%OFF(午前0時~4時)

 

ETCコーポレートカード

  • 年会費無料
  • 発行手数料617円(1枚)
  • クレジット機能無し
  • 首都・阪神高速道路割引可能

首都高割引情報

  • 都心流入割引。
  • 湾岸線『川崎浮島JCT~大黒JCT』または川崎線利用の大型車、特大車。
  • 外環道迂回利用割引。
  • 横浜都心部と都心環状線の湾岸線利用割引。
  • 大口、多頻度割引。
  • 障害者割引。

があります。

阪神高速道路の割引情報

  • NEXCO・本四高速との乗継割引。
  • 西線内々利用割引。
  • 池田線・西大阪線・東大阪線端末区間割引。
  • 京都線時間帯割引。
  • 環境ロードプライシング割引。
  • ETCマイレージサービス
  • 大口・多頻度割引。
  • 障害者割引。

があります。

 

法人契約して一番得する点は、割引を利用できるってことですよね

現金で通行料を支払っているのとでは、年間にかかる通行料が雲泥の差になります。

 

発行するだけでETC割引を利用できて、通行料の経費削減ができます。

 

 

今までも経費削減してきたて、もうこれ以上は無理っていう経営状態だけれど、そこからさらに経費削減する必要があるんです。

 

今どきの会社経営は。

 

もう無理っていう状態からの、経費削減っていうのは、ETCカードを発行してやるんですよね~。

 

紹介したETCカードはクレジット機能が付いていないので、高速の通行料の支払のみに利用できます。

 

社員個人に割り当てることができるから、それぞれの個人での利用頻度も通行料もわかるので、社員の管理ツールとしても同時に使えるんです。

 

ETCカードを法人契約しない理由がありませんね。

法人年会費無料ETCカード調べた

年会費無料の法人etcカードを紹介してみます。

まず、年会費無料と言った時に2つのパターンがあります。

1つ目はず~と年会費が無料というパターン

これはうれしいですし、このず~と無料のパターンを探している人が多いです。

2つ目は、初年度だけ年会費が無料のパターン

2年目からは、年会費がかかる強気のカード会社。

この二つです。

 

で、1つ目の永年年会費が無料の法人etcカード

高速情報協同組合のetcカード(一番お得、深夜・休日割引もあります。

ETCスルーカードN(JCB法人カードを持っている法人だけ作れます)

オリコetcカード(個人のみ)

セゾンetcカード(コーポレートカード法人会員の法人)

・セディナ/OMCカード(個人のみ)

・セディナ/CFカード・クオカード(個人のみ)

 

2つ目初年度のみ年会費が無料の法人カード

出光etcカード(年会費500円税抜・出光法人専用カード・宇佐美ビジネスカード・出光Bizカードワン・出光Bizカードプラスを持っている邦人)

 

こんな感じです。

いろいろ調べてみましたが、高速情報協同組合のetcカードが一番良さそうです。申し込みも提出書類も、思いのほか簡単にできますよ。(^ε^)♪

 

年会費無料法人etcカード

法人でETCカードを作るなら、年会費無料のカードがおすすめです。

だって、少しでも経費がかからないカードがいいですもんね。

それに、そもそも法人がカードを作ろうと思っても、なかなか作れないという現実があります。

なぜかというと、クレジット会社が保証を出してくれないから。

中小零細企業には冷たいんです。((>д<))

(日本の会社の95%以上が中小零細企業なのにね)

法人ETCカード

 

だから、クレジット審査がない法人ETCカードがおすすめなんです。

それは『ETC協同組合』のカードです。

( ̄▽+ ̄*)キラーン!

特長を上げてみます。

・深夜割引(午前0時から午前4時)30%OFF

・休日割引30%OFF

・クレジット機能がないので従業員が勝手に使いません。

・明細書に利用ICと通行料金が記載されるので、ドライバーのさぼり防止になります。

会計処理が楽ちんになります。(キャッシュをジャラジャラしなくていい)

これだけの特長があれば、利用価値がすごくあります。特に割引が使えるのは大きいですよね。

( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _そうそう

簡単な手続きで作れるから、業務にすぐに使えるようになります。

法人ETCカード

必要書類

  1. 履歴事項全部証明書(写し可・法人)
  2. 所得税確定申告書(写し可・個人)
  3. 車検証(写し)法人と個人
  4. ETC車載器セットアップ証明書(写し)法人と個人

です。

必要な経費

  1. 出資金1万円(脱退時返金されます)
  2. 発行手数料864円(税込み・1枚)
  3. 取扱手数料864円(税込み・1枚年1回)

のみです。

こんなに便利な法人ETCカードがあれば、ドライバーの業務が効率化されますし、会計処理も簡単になります。

経費削減も実現できるから作らない理由がありません。

実際、日本中の多くの中小零細企業・個人事業主が申し込みをしています。

社長さん、御社はいつまで現金ジャラジャラしていますか?

隣の会社はもうすでに導入して経費削減と業務の効率化を実現いますよ。

( ̄ー ̄)ニヤリッ