予防歯科とは

予防歯科は、スウェーデン・フィンランド・アメリカなどの外国では当たり前のように行われています。日本でも近年、関心が高くなり実施してる人が増えてきました。

 

その、予防歯科のことをまだまだ知らない人が多いので、すこし解説してみます。

虫歯

 

予防歯科とは?

口腔内の健康の維持の為に行うのが予防歯科です。人間が生きていくうえで重要なのが『歯』です。食べ物を噛み砕くときに歯が無いとできませんから。
平均寿命の長い日本人はできるだけ自分の歯で過ごしたいものです。そりゃ、芸能人みたいにインプラントで綺麗な歯にできたらうれしいのだけれど、高額も高額。庶民にそんなお金ありませんからね。老後になっても自分の歯があることがすごく大切なことになってきます。
その為には予防歯科で口腔内の健康の回復して維持する必要があるんですね。虫歯の治療や歯周病の治療は当然になってきますし、予防がすごく大事なんです。
しかし、日本人は『歯が痛くなってから』とか『歯茎が腫れてから』始めて歯医者にいきます。で、治れば通わなくなります。そしてまた繰り返す・・・。
だから、予防というのが大切になってくるんですね。

歯ブラシとコップ

 

メンテナンスと定期健診

歯の定期健診とは、悪い個所(虫歯や歯周病など)を見つけて治療しようという行為です。
逆にメンテナンスとは、失った口腔の健康を回復して虫歯や歯周病にならないように行う予防治療のことです。予防治療では歯のクリーニングとともに口腔内の細菌のケアもします。

 

定期健診で確認する事

定期健診では口腔内の写真、レントゲン、歯周ポケットの深さなどをチェックして、歯周病と虫歯の有無と過去の治療した歯の状態を確認します。

メンテナンスを受けるうえでのポイントは?

メンテナンスで重要なのがセルフケアの指導です。自分でセフルケアできるようにしてくれます。そして、歯科医では、歯ブラシや歯間ブラシでは届かない歯周ポケットのケアや自分では落せない歯石の除去などをします。
口腔内の細菌のケアやフッ素の塗布も実施してもらいます。

歯ブラシ

 

セルフケアのポイント

歯のセルフケアで一番重要なのが『歯磨きの仕方』です。毎日の歯磨きだから正しい方法で磨かないと効果も半減してしまいます。
自分の歯並びや口の状態にあったブラッシングを指導してくれます。
歯磨きは、歯石を残さないように1本1本丁寧に磨いていきます。
歯間ブラシは歯ブラシの届きにくい歯と歯の狭い間などの歯石を取り除きます。