市販のケアクリームも紹介!黒ずんだ口周りを治す方法

口周りは見られるポイントです。

キレイで柔らかそうな唇は、魅力的な女性に見られますし、男性からも声をかけてもらえるし、優しくされる確率があがります。

今、口周りが黒ずんでいても、正しいケアを実践すれば、誰でも、魅力的なプルルン唇になれるんです。その方法を紹介します。

2大原因!紫外線とメイクが口周りを黒ずませる

口周りキレイな女性

突然ですが、あなたの口周りは大丈夫?若い頃に比べて、知らないうちになんとなく黒くなってきていませんか?

歳を重ねるとよく聞ききます。

近頃、お化粧をしても、

  • 薄っすらと口ひげのようなものができてしまったと感じたり
  • 口周りがなんだか冴えない・・・

と思うのは、口周りが黒ずんできたせいかもしれません。

知らないうちに、身体も変化するんですね。

口周りが黒ずんでしまう原因は、ズバリ!紫外線です!

顔って紫外線浴びますよね。今まで、ずっと1年中浴びてきました。帽子とかサングラスとか、日焼け止めクリームを塗って紫外線を防いでも、帽子などはサイズからして、口周りまでは防げていなかったんです。

口周りや、顔を完全に隠せる『女優帽』をかぶっているわけにはいきませんしね。

紫外線から口周りを守れる唯一のアイテムは、『マスク』が挙げられます。

でも、紫外線対策のためとは言え、

  • 帽子かぶって
  • サングラスして
  • マスクもしたら

怪しさ200%!誰も話しかけてこないどころか、近づいてもきません。女性としてそんな格好はとてもじゃないけれど、できませんし、ご近所さんの目もありますからね。

ケアができないと言うことは、紫外線を浴びてしまうし、結果として口周りが、黒ずんでしまう・・・。ということになります。

メイクでとにかく隠そうとして、ファンデーションを厚塗りしても肌が荒れてしまいます。

肌が荒れると、ターンオーバーが乱れてしまうので、黒ずんだ皮膚細胞を垢として剥がれ落とすことが、時間がかかるようになり、ますます口周りの黒ずみが目立ってしまうことになります。

紫外線で黒ずみが発生する訳

皮膚っていうのは、紫外線を浴びると、その影響から肌を守ろうとして、メラノサイトがメラニン色素を生成します。

そのメラニン色素が紫外線から肌を守ってくれ、いつもは肌細胞のターンオーバーと共に表層に運ばれ、最後は垢となって剥がれ落ちておしまい!なのですが、紫外線を大量に浴びてしまうと、メラニン色素が大量に生成され、その中の部分が色素沈着してしまうんですね。

それが黒ずみとして肌細部の中に残ってしまうんです。

だから、とにもかくにも紫外線を浴びない事が黒ずみを発症させない1番の防止になります。

口周りにできる黒ずみは肝斑(かんぱん)の可能性もある?

口周りにできる黒ずみは肝斑(かんぱん)の可能性もあります。

“肝斑とは?

頬に生じることが多いシミの一種を指します。主に30〜40歳代の女性に見られることが多いです。他人から見てわかりやすい顔を中心にシミが出現することから、美容的な観点で悩みを抱え、問題になることがあります。しかし、見た目の変化以外に痛みなどといった症状を引き起こすことはありません。

肝斑は、紫外線が原因となることが多いため、外に出る際などの紫外線対策が重要です。引用:Medical Note

黒ずみが気になって皮膚科を受診した人が、「肝斑だと診察された」という評判が想像以上のほか数多くあるんですね。

そもそも肝斑とは、いわゆる「しみ」の事指し、紫外線にあたりやすいところに症状が現れやすいです。

30代〜40代の女子の口周囲にできやすいという特長があります。

仮に、実際まで全くこころ当たりがなかったのに、口周囲に「黒ずみ・しみ」らしきものができてしまったら、皮膚科を受診する事をイチ押しします。

肝斑の治療技術としては、美白影響のある

  • ハイドロキノン
  • コウジ酸
  • アルブチン

などの塗り薬を塗布し、

  • トラネキサム酸
  • ビタミンC
  • ビタミンE

を内服して治療します。

黒ずみができる口は乾燥している

肌の天敵は「乾燥」です。

肌の水分の蒸発を防ぐ事はできますが、化粧水のように肌に潤いを与える事はできないので、使い方を間違えないように配慮が不可欠です。

口周囲の乾かすをケアする化粧品として「白色ワセリン」は著名ですね。

「ワセリンって使っても副作用が不安・・・」って思う人もいると考えますが、現代では精製技術が向上したので、皮膚科で処方される軟膏の依拠にもなっているので、心配無用して使用する事ができます。

日本人女は肌が弱く敏感肌タイプの人が多々あるので、乾かすしやすいんですよね。

ターンオーバーを正常に性能させるためには、乾かすした肌を潤わせてあげる必須があります。

肌の表面にバリアをつくり、肌の水分の蒸発を防ぐ影響があります。

そうなると、紫外線や外部の刺激から肌細部を守るために生成されたメラニン色素が、皮膚の表面に運ばれず、表皮の深層部で色素沈着をおこしてしまうんです。

いつもは28日周期と言われるターンオーバーも、それ以上に日にちが必要になるようになってしまいます。

肌が乾かすしていると、ターンオーバーも正常に働きしなくなるんですね。

それが「黒ずみ」として、いつまでも肌の内側に留まる結果に・・・。

 

これで解消!口周りの黒ずみを治す方法

口周囲に黒ずみができたとしても、頭を抱える必須は全くないのです。

きっかけは先ほど書いたような「メラニン色素の色素沈着」ですから、決着メソッドはあります。

正しいテクニックでケアすれば、黒ずみって治せますからね。放棄しないで治しましょう。

ただ、治るのに時はかかります。

時をかけて黒ずみが発症したので、治るのにももちろん時がかかります。

口周囲の黒ずみは、ヒゲがは生えているように見えるので、1日でも早く治したい心情はわかりますが、焦っても良い事はないのです。

ここはじっくり確実に治していきましょう。

現実にヒゲだったらシェーバーで剃らないといけないけどもね。(笑)それでは治し方を解説します。

気軽に試せる!市販のクリームで口周りの黒ずみを治す

黒ずみに対する女子の意識も高まってきていて、ケアしている人も増大しています。

口周囲が透明感漂うな人っていますよね。

そんなに他人の口周囲見ないか(笑)だから、口周囲専門の黒ずみクリームもリリースされているんですね。

  • ハーバルラビット:単品買い物7000円(税抜)+送料
  • 顔白:2980円(税込)
  • ケシミンクリーム

などですね。

モラリップで口周りの黒ずみを隠す方法は?

「モラリップ」って知っていますか?

資生堂が売っているクリームなんですが、口唇のひび割れ、ただれ、口唇炎、口角炎に効果のあるクリームです。(第3類医薬品)

モラリップの5つの成分

  1. アラントイン(荒れた唇を修復)
  2. グリチルレチン酸(唇の炎症を抑える)
  3. ビタミンE(皮膚の新陳代謝を促進)
  4. ビタミンB6
  5. パンテノール

が口唇のあれを治してくれます。

モラリップ

値段 1,200円(税抜)
容量 8g
匂い・色 無香料・無着色

口唇が荒れてしまう人のためにクリームなので、、口周りの黒ずみを治す効果はなさそうです。

ワセリンと美白クリームを併用して口周りの黒ずみを治す

肌が乾かすしやすい人は、ワセリンを塗る事で水分が蒸発するのを防ぐ事ができます。

ワセリンっていうのは、安価で薬局でみんな買い物できます。だから、一家に1つは絶対と言っていいくらいにある塗り薬ですね。

ワセリンは、皮膚の角質層にある水分の蒸発を防ぐ影響があるからです。でも、ワセリン単独では黒ずみを治す事はできません。

普通の塗り薬には2%〜4%程度のレートで配合されていますが、強いものにはそれ以上配合されている事もあります。

日本人女は敏感肌ですので、最初に、ハイドロキノンが2%配合されている美白クリームや軟膏から使ってみる事を推奨します。

実際、肌にある水分を逃さないようにするだけなので、保湿をやりたい事例は、それ専門の化粧水を使用する不可欠があります。

美白成果のある塗り薬も共に並存する不可欠がありますが、美白成果のある塗り薬には「ハイドロキノン」が絶対と言っていいくらい配合されています。ただ、ワセリンでは保湿する事ができません。

特に乾かす肌の体質の家系の住宅にはある確率が高いです。つまり肌の潤いを逃がさない成果があるっていう事ですね。

 

ハイドロキノンが配合されている人気のおすすめ美白クリームを紹介します。

  • アンプルール ラグジュアリーホワイト トライアル
  • ビーグレン ホワイトケア

 

治るまでは隠す!口周りの黒ずみをわからないようにする方法

治るまでは隠しましょう。どれだけ上手に隠せるかで『女子力がわかります』(笑)

隠すとなったら理想的に隠したいんだけれど

  • 自然な感じで
  • 厚塗りにならないように
  • 短時間

で隠せる方法がベストです。

そうすれば堂々とラメ入りグロスを塗ることができて、唇アピールをすることができますよ。(誰にアピールするの?っていう別問題が出てくるけれどね)

コンシーラーが口周りの黒ずみを隠すのに最適

口周囲の黒ずみを隠すのなら『コンシーラー』に限ります。

1にも2にもコンシーラーっていうくらい使って隠している人、多々います。

コンシーラーっていうのには固形タイプと液状タイプとがあり、各々用法が違うしカバー力が違うし、隠せる度合いも違うので、自身の肌と使用目的にあったものを選りすぐる必須があります。

推奨は液状タイプ!

口周囲の黒ずみは範囲が広い事もあるので、それを全て隠すためには液状タイプに限ります。

固形タイプのコンシーラーは、たしかにカバー力はありますよ。(経験上)密着度もあるんですが、必然的に厚塗装になります。

隠したいけども、厚着色するのは年齢的にもまだ許せないですよね。(適齢期だったりしてwww)

液状タイプだと油分が多くてよく伸びるので、肌によく馴染みますし、なにより、厚塗布にならなくて済みます。

それと色(最重要)。

コンシーラーのトーン選択も肝心です。

黒ずんでしまった肌に不自然さなく合う色彩をセレクトする不可欠があるので、肌よりワントーン暗めのオークルがイチ押し。

肌より明るめの色合いですと、黒ずみが目立ちますし、ヒゲのように見えてしまう事も!

黒ずみが隠せて自然な等身大メイクのように魅了するためには、コンシーラーのトーンって必須です。

コンシーラーの使い方コンシーラーを使用する時の秘訣があって、液状タイプを使用する時は、ファンデーションを塗布した後に使用する。

パウダーファンデーションを使用する時は、ファンデーションの前にコンシーラーを使用するというのが見所です。

塗る前には手の甲に先に乗せてから、ブラシで薄く調節しながら、軽く叩くように肌に乗せると清純に乗せる事ができます。

メイクのカラーコントロールで口周りの黒ずみを隠せる

上にも書いたように、メイクで口周囲の黒ずみを隠すには色味のコントロールが秘訣となります。

その色味の影響を最大限に引き出すためには、最初に肌が保湿されている事が前提としてあげられます。

土台の肌が保湿されていて整っていないと、どんだけコンシーラーを着色したからといっても、影響を十分に発揮する事は手を焼くです。

口周囲っていうのは外気にさらされるところでもあり、乾かすするところでもあります。

だから、乾かすして肌がヨレてしまう事もあるので、保湿ケアを丹念におこなう事を推奨します。

またコンシーラーなどを使ってメイクを整えましょう。

橙系がコントロール色合いとしてイチ押しです。肌に近い色が1番黒ずみを際立たなく隠せます。

なお、肌の色は人におって微妙に違うので、ベージュや、イエローを橙に重ねて使ってトーンコントロールをすると、自然には感じのありのままメイクになるし、黒ずみを隠す事もできますよ。