髪が生まれ変わるシャンプーのやり方

こんにちは。

キューティクルのあって艶がある髪の毛は、見た目もキレイで、憧れますよね。

 

『髪は女の命』とは昔からの言葉ですが、現代女性にもあてはまります。

 

キレイな髪の毛になれる正しいシャンプーの方法を解説してみます。

 

CMの女優のように、ロングでサラサラストレートヘアになりましょう~~。

(^ε^)♪

 

正しいシャンプーの仕方

1.まずはブラッシングします。
頭皮の血行が良くなり、髪の毛のからみ・ほこりがある程度取れます。

*静電気の少ないウッドブラシなどを使うと、髪の毛への負担も軽減します。

 

2.そして濡らします。
時間にして約2~3分、少し熱めの(40度くらい)温度ですすぎを行います。
この「すすぎ」の作業で髪の汚れは70%程落ちるんですね。

 

3.シャンプーをつける

 

ここまできてシャンプーを始めて使います。

あらかじめスポンジなどで立てた泡をつけることで、髪の毛同士の摩擦を防ぎます。
爪は絶対立てず、指の腹でマッサージするように、地肌を洗うことを意識します。

(。-`ω´-)キッパリ!!
シャンプーの仕方は「毛の流れに逆らう」が基本。

下から上へと洗います。

 

4.すすぐ
洗い残しがないように十分すぎるくらい洗い流しましょう。

 

注意

基本的に2度洗いはしません。

どうしても洗いたい時は、1度目の量の半分の量でシャンプーを行ってください。

 

効果的なトリートメント

シャンプーのあとはトリートメントをつけます。

 

1.髪の水気を軽く切ります。

2.髪の毛にトリートメントをつける
なるべく地肌につかないように気を付けます

3.時間をおく
特にダメージが気になる時は2~3分ほど時間を置きます。

 

4.すすぐ

シャンプーと同じくらい、洗い残しが無いように十分にすすぎます。

 

お風呂から出たら髪の毛を乾かします。

その乾かし方にも髪に優しい方法があるので、その方法で乾かしましょう。

 

髪の毛の乾かし方

タオルで髪の水分を拭き取ります。

ゴシゴシと強くこすらないようにしましょう。
ドライヤーは、頭皮から15cm以上は離し、熱風が一ヵ所に集中しないようにあてます。
髪が濡れたままの就寝は、雑菌が繁殖しやすくなり頭皮をいためてしまいます。

 

これであなたも女優のようなサラサラヘアになれますね。

(^з^)-☆Chu!!