家で脱毛するなら家庭用脱毛器に限る!トリアがおすすめ

脱毛するとなると脱毛サロンに通う人が多いと思いますが、家庭用脱毛器も忘れちゃいけない存在です。

最近の家庭用脱毛器は性能がグ~~ンと上がっているから、自宅にいながらキレイに仕上がることが可能な時代になりました。

私ごとですが、レーザー脱毛器のトリアを買いました。

ってことで口コミレビューを書いてみたいと思います。

トリアレーザー脱毛器とは

『トリア』って聞いたことあると思います。以前から家庭用脱毛器として有名ですよね。

家庭でレーザー脱毛ができる唯一の脱毛器になります。

そもそも、脱毛する方法は『レーザー』を使った方法と、『フラッシュ』を使った方法の2つあるんですね。

レーザー脱毛』と『フラッシュ脱毛』はどちらのほうが脱毛効果があるのかというと、もちろん『レーザー脱毛』です。
なぜなら『レーザー脱毛』は脱毛に効果のある光だけを照射するからです。『フラッシュ』は脱毛以外にも効果がある光を当てます。(出力はレーザーより弱い)

レーザー脱毛』を日本でしようと思ったら、医療脱毛サロンに行くか(お医者さんでないと施術できません)、トリアのレーザー脱毛器でするかの2択になります。

一般的な脱毛サロンで行われている方法は『フラッシュ脱毛』になります。脇脱毛が安い料金の脱毛サロンにお医者さんいませんから。

ここで ? と思ったと思います。トリアを自宅で使う私は医者じゃないんだけど・・・。

誰もが思う疑問です。私も最初はそう思いました。

(・∀・。)(-∀-。)(・∀・。)(-∀-。)ぅんぅん

その答えなんですが、トリアがどうしてレーザーを使った家庭用脱毛器として販売されているのかというと、素人が使ってもいい出力内にレーザー(脱毛に効果がある810CHのレーザー)の出力を抑えているから、家庭用脱毛器として販売できるし、私が自宅で使ってもいいんです。

O(≧∇≦)O イエイ!!

そんなレーザー脱毛のトリアは技術的な特許を多くとっているので、他社は同様のレーザー脱毛器を作れません。(現在、販売されているトリア以外の脱毛器はフラッシュ脱毛になります。)

また、トリア脱毛器はアメリカのFDAの認可を得ています。(日本で言うとトクホに該当します。)

トリアは3か月近く使うとツルツルになれる効果があるから脱毛の効果を実感しやすいし、そもそも家庭用脱毛器なんだから脱毛できなきゃ意味がありません。

こんな経験無いですか?

値段が安いからっていって買ったけれど効果がなかった・・・・。
(TДT)

家庭用脱毛器トリアの使い方を解説

トリアの使い方を説明してみると、そもそもレーザー脱毛は毛根に熱を与える方法です。(焼くまではいきません)

黒色の毛に反応するエネルギーを毛根に届けるため、レーザーを当てる前に毛は剃ります。(抜いてはダメです。抜いてしまうとエネルギーに反応する黒色が無くなってしまうためです。)

黒色の毛以外には反応しません。(ただし、ほくろや黒いシミには反応します。)

下準備が終わったら、レーザーを当てていきますが、レーザーを当てると『痛い』って感じると思います。というか感じます。

それはエネルギーが毛根に届いているからで、ちゃんと脱毛できている証拠だからです。

痛くないのは効いてないことになります

脱毛器の照射面積は見た感じ小さく見えますが、実際に当ててみるとそんなに小さく感じません。十分な面積を当てているって感じます。

また、出力レベルを上げるとエネルギーを貯めてからレーザーを出すので『レベル1』に比べて照射する間隔がゆっくりになります。

照射する時のレベルはガマンできるギリギリのレベルで照射します。

脱毛する部位によって照射レベルを変えてもOKです。

脇やVラインは痛みを強く感じるかもしれないので、前もって保冷剤で皮膚を冷やしてから当ててあげると痛みを和らげることができます。

痛くて途中で離してしまうと『ブ~~』という音が鳴りますが、その音が鳴った時は光がきちんと当たっていないので、脱毛効果を出すことができません。再度、レーザーを当て直します。

照射にかかる時間の目安は、両脇15分。ひざ下15分。ひざ上15分です。(照射レベルによって多少違います)

使用する時の注意!覚えておかないといけないこと

毛を剃らないで光を当てると、トリアの脱毛器に押されて皮膚の表面に生えている毛が寝てしまい、その毛が光に反応するので『痛い面積』が広くなってしまいます。だから、使用前は毛を剃って皮膚の表面に出ている毛を無くして、毛穴の中の毛だけに光を当てると痛さが軽減されます。

光は目で見てはいけません。照射をするときに音がでるんですけれど、音を聞いてから話せば光を見る事は無いように作られています。

レーザーは黒い色に反応するので、ほくろや濃いシミには照射しないのが基本です。ほくろから生えている毛をどうしても脱毛したいときは、ドラックストアーなどに売っている肌色の絆創膏でほくろの黒い部分を隠して毛穴だけに反応するようにしてレーザーを当てます。

トリアのレーザー脱毛器『プレシジョン』とは

『プレシジョン』は小さい分充電が早く切れる。

レベルは上・中・下の3段階で(4Xの5・3・1に該当します)小さい分連射スピードは遅いです。

フル充電の時はMAXのレベルで照射して、『4X』は両足当てても充電が無くならないですが、『プレシジョン』は片足で充電が終了する違いがあります。

照射スピードはゆっくりだし充電をこまめにしないといけないので、いろんな手間が増えるから、手間があってもいいマメな人なら使いこなせます。
.。゚+.(・∀・)゚+.゚

『プレシジョン』はどんな人におすすめかというと、脱毛サロンで主な部位の脱毛が終わっている人が、残りの部位を脱毛したい時や顔の脱毛をしたい人におすすめですし、実際にそのような使い方をする人が購入しています。

・他の脱毛器
トリア以外の脱毛器もたくさんあるのですが、中には剃っているだけの脱毛器もあります。(値段は安いです)。現在の日本の法律では肌の表面から毛が無くなれば『脱毛器』として販売できるので剃っているだけの脱毛器も脱毛器なんです。

他の脱毛器で脱毛する時は、トリアの倍近い回数が必要になります。それだけ威力と効果が違うのです。

家庭用脱毛器は脱毛サロンと比べて良いことが多い

脱毛サロンは月経周期を避けて予約します。しかし、予約日近くになって月経になってキャンセルした経験がある人もいると思います。

再予約するんですがまた、2か月先になってしまうとか・・・。脱毛がなかなか進みません。

しかし、トリアはいつでもできます。v( ̄∇ ̄)v

家庭用脱毛器トリアのQ&A

Q・充電池の寿命は?

A・キチンと使って5,6年

Q・うぶ毛は脱毛できますか?

A・白いうぶ毛には反応しません。白髪にも反応しません。(黒いうぶ毛には反応します)黒い色に反応するからです。

Q・照射する方法

A・脱毛したい部位の端から当てていき、少しずつずらしていきます。その部位の全面積に当て終わったら終了です。(これを2週間に1回のペースで施術します。自分でね。(彼氏にしてもらうのもOK)(/ω\)

Q・トリアレーザー脱毛を始めるのに適している時期

A・脱毛しようと思った今です。^^

Q・保冷剤で肌を冷やすときに肌が濡れてしまう

A・タオルやキッチンペーパーでくるんで濡れないようにする。

Q・光を当てる前に毛を剃る方法は?

A・T字カミソリとか脱毛クリームでOKです。