確定申告で医療費の控除をする方法をわかりやすく解説

医療費控除を受ける為には、確定申告する必要があります。

自己と自己と生計を一緒にする配偶者や親族が対象になります。

確定申告の医療費控除になる対象の条件

その年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費が対象になります。

金額

医療費控除の対象になる金額は下記の計算式で計算した金額になります。

1年間に支払った医療費の合計-保険金など支払われた金額-10万円

対象となる金額は最高で200万円です。
保険金の中身は、

  • 高額療養費
  • 家族療養費
  • 出産育児一時金

などです。

確定申告の医療費控除の対象医療費

1・医師又は歯科医師による診療又は治療

治療や療養に必要な医薬品の購入(風邪薬など・ビタミン剤など健康の促進の為に服用したのは対象外

2・病院、介護老人保健施設、介護療養型医療施設などに行くのに、人の手配をした費用。

要は他人に連れて行ってもらって代金を支払った時です。

3・マッサージ指圧、はり師、きゅう師、柔道整復師などに治療費を払った場合。

また、見逃しがちなのが、家政婦さんに病人の付き添いを頼んで、療養上の対価を払った支払いは、対象になります。(心付けはなりません)

助産師による分娩の介助の対価

忘れがちなのが、医師の診療を受ける為の

  • 通院費医者の送迎費
  • 入院の部屋代食事代
  • コルセット
  • 義手
  • 義足
  • 松葉杖
  • 義歯代(医療用具等の購入代ですね)
  • などです。
    対象になるので忘れずに申告しましょう。

気を付けないといけないのが自家用車の通院した駐車場代、ガソリン代は含まれません。

また、6か月以上寝たきりでおむつの必要を医師が認めた時のおむつ代(医師の使用証明書が必要)

*医療費控除を受けるときは、領収書や医師の証明書など証明する物を確定申告書の添付して提出する必要があります。

個人事業主が家族の高額医療費を支払った場合はどうなるのか?

所得税法では『医療費控除』という制度がありますが、『医療費控除』は事業主本人以外にも配偶者・6親等内の血族・3親等内の姻族で生計を一にしている者がすべて対象になります。

この時に医療費を支払った人と支払ってもらった人とが扶養関係にあるかどうかは問題ありません。同居しているか、していないかも問題ありません。

1年間通して生計を一にしている必要はなく、医療費を支払った時点で生計を一にしていれば対象となります。

16歳未満の子供は扶養控除の対象から外れますが、医療費控除の対象になります。

また、夫婦共働きの場合は、妻の医療費でも夫の控除にすることができます。

どちらにするのかは、収入の高い方に控除したほうが納める税金が安くなるケースがほとんどです。

確定申告 医療費控除の対象

両親のケース

両親の医療費を支払った場合はどうなるのでしょう?

同居していたり2世帯住宅で暮らしていても、生計が完全に別になっていれば『生計を一にしていること』にはなりません。

生活費を援助していたりお互いに出し合って暮らしている場合は医療費控除の対象になります。

また、別居しているケースでも両親に仕送りをしている場合は、多少の収入があったとしても『生計を一にしている』こととみなされます。

医療費を支払うタイミング

医療費控除を受ける為には『医療費を支払った年』の確定申告で申告して控除できます。

支払いが今年と来年というように年をまたいでしまうと、年ごとの計算が10万円未満になってしまうこともあり、医療費控除を受けられなくなりますので注意が必要です。

確定申告 医療費控除 領収書

医療費控除を受ける為には領収書が必要です。

もし万が一領収書を紛失してしまった時には、支払った事実を証明する資料があれば問題ありません。

その資料になるものとして、診察券やお薬手帳、家計簿などで金額がわかればOKです。

それらの資料を持参して税務署に相談に行きましょう。

青色申告者の帳簿の書き方を解説

青色申告で確定申告をする為には、その年一年間の取引を帳簿に記載して記録に残す必要があります。

帳簿の種類は複数ありますし、簿記や会計の経験が無い人は、最初は分かりづらいかもしれませんが、一度覚えれば次からはスムーズに記載できるようになると思います。

確定申告の帳簿には主要簿と補助簿と二つに分けられます。

青色申告する時の主要簿

主要簿に該当するのは仕訳帳と総勘定元帳になります。貸借対照表と損益計算書を作成する上で欠かせない帳簿になります。業種や職種関係なく必要な帳簿です。

仕訳帳

全ての取引を日付順にまとめて仕訳した帳簿のことです。

総勘定元帳

全ての取引を勘定科目ごとに1冊にまとめた帳簿のことです。勘定科目が全てあるから『総勘定』です。

補助簿

主要簿では不十分な記録を補うための帳簿になります。業種に応じて必要な帳簿を使用するので使わない帳簿も出てきます。

現金出納帳

現金の出入りと残高を管理するための帳簿です。日付、取引先、金額、残高、摘要を記載します。

売掛帳

売り上げた取引先ごとに売掛と回収の管理をします。日付、金額、数量、単価など記載します。

買掛帳

仕入れた取引先ごとに買掛とその支払を管理します。日付、金額、数量、単価などを記載します。

経費帳

必要経費を記載します。従業員の給与、家賃、水道光熱費、消耗品費、旅費交通費、通信費、福利厚生費など

預金出納帳

預金の出入りと残高を管理するための帳簿です。口座別に管理ます。

固定資産台帳

固定資産があるときに、その資産と種類ごとに事業共用開始日、取得金額、耐用年数、償却率、償却額、数量を記載します。

青色申告特別控除65万円を受けるために必要な帳簿

青色申告特別控除を受ける為には、必要な書類を記帳しておかないといけません。

65万円は個人事業主にとっては大きな金額なので控除を得ましょう。

65万円の控除を受ける為に記帳する帳簿は、

  • 『仕訳帳』
  • 『総勘定元帳』
  • 『現金出納帳』
  • 『預金出納帳』
  • 『売掛帳』
  • 『買掛帳』
  • 『経費帳』
  • 『固定資産台帳』

など。

流れとしては、『仕訳帳』→『総勘定元帳』から『貸借対照表』→『損益計算書』を作成して、そこから『確定申告書』を作成する流れです。

青色申告した後の帳簿の保存期間は7年間

これらの帳簿は確定申告の時に提出は求められませんが、7年間の保存義務があります。

白色申告でも保存が義務付けられましたので、処分しないようにしましょう。

青色申告するときの減価償却をわかりやすく解説

減価償却!これ難しく考えると訳がわからなくなります。

でも、私でも分かるように簡単に書いてみました。

青色申告をするときは『減価償却費の計算』を提出しないといけません。

その中の『ニ』の項目『本年中の償却期間』という項目があります。

この意味、私も最初はまったくわかりませんでした。
ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

調べてみたら、

資産を月の中途で取得したり譲渡したり取壊しなどをした場合は、その月を一ヶ月目として計算した、本年中の償却期間の月間の数』を言うのです。

はっきり言って、よくわかりませんw。

例えを書いた方がわかりやすと思うので・・・。

4月23日に資産を取得して、12月まで引き続き使用しているケースは、本年中の償却期間は9ヶ月ということになります。

つまり、『12分の9』と申告書に書くことになるんですね。

減価償却にある前年末未償却残高とは

前年以前より減価償却資産を取得している場合は、(ほとんどの人がそうだと思います)

前年末未償却残高は、つぎの計算式で計算します。

『資産の取得金額』 - 『前年末までの償却費の累積額』

前年も青色申告をしている人は、前年作成した決算書の『減価償却費の計算』紙の未償却残高が、今年の『前年末未償却残高』になります。

どうでしょうか?

わかりましたか?