キレイな足になれる!足の甲や指の黒ずみを治す方法を調べてみた

なりたい足ってどんな足ですか?私のなりたい足は、足首がキュッと細くて日焼けしてないキレイな足です。

私だけでなくて、多くの女性がそういう足になれるものなら「なりたい!」と思っていると思います。

しかし、実際の私の足は、皮膚が黒ずんでいて見た目汚い・・・。汚い足は、マジで見せたくないし、見られたくもありません。

汚い足を隠すために、常にストッキングを履いています。できることなら、生足でいたいんですけれどね。

しかし、足の指や甲が黒ずんでいても諦めないでください。

毎日、地味だけれど、地道に正確なケアをやっていれば、足の指や甲の黒ずみって治すことができるんですね。

そういうことで、今回は、足の甲や指が黒ずんだときの対処方法を解説します。

そもそも、足の甲やくるぶしが黒ずむ原因は何?

一言に足が黒ずんでしまうと言っても、足全体が黒くなるのではなく、スポット的に黒ずんでしまいます。足にも所々の部位があるので、まず、部位ごとに詳細にみてみましょう。

まずは、代表的で足といえば「足の甲」や「くるぶし」が上げられます。

足の甲やくるぶしというのは、考えている以上に、外気にさらされています。

お勤めに行く日も、ミュールやヒールなどを履きますよね。そうするとそれらの部位が露出していますよね。靴の中に収まるのはスニーカーを履いた時くらいです。(くるぶしはでますけどね)

と、いうことは、常に紫外線を浴びているということになります。

気がつくと、ヒールの形で日焼けしていると思います。それだけ紫外線を浴びているということ。

紫外線を浴びると、皮膚の深層部ではメラノ氏とがメラニン色素を生成します。
これらのことは誰でも普通に起こっています。

黒ずんでしまう人とそうでない人の違いはここから。

正直にいって「くるぶしとか甲」ってケアしませんよね。

顔は根本的以上にケアするけれど、足の甲やくるぶしは、放っときぱなし。「ケアしよう!」と考えもつかないと思います。

でもこれがダメ。

紫外線を浴びた日は、帰宅してから保湿ケアが必須ですし、そもそも、出かける前に日焼け止めを足にも塗っておくことが不可欠。

これらを怠ると、メラニン色素が色素沈着して、結果、足の甲やくるぶしが黒ずんでしまうのです・・・。

足が黒ずんでいない、キレイな人は、この面倒なケアをしているんです。私の知り合いでもしている人がいて、キレイな足をしているんです。

 

足の親指や指先、指の関節も黒ずむ!原因は何?

足の親指とかその指の関節も黒ずんでしまいますよね。私も足の指を見ても黒ずんでいるんで。

足をきれいにみせるために、ペデュキュアはキレイに塗るんだけれど、黒ずみはそのままにしっぱなしです。

黒ずみは、メラニン色素の沈着が原因ですが、メラニンが過剰に発生してしまうのは、先程も書いたように「紫外線」と「外部からの刺激」です。

足の指も紫外線を浴びますよね。季節によりますが、夏は足の指が露出しているサンダル履きますし、パンプスでも露出していますしね。それに夏は生足だから、紫外線を毎日のように浴びています。

咥えて、足の指は外部からの刺激を受ける部分なんですよね。

女子が好きなかわいいサンダルや靴は、指先が細くなっています。

靴の中で足の指たちは、ギュウギュウに押されて圧迫されていて、外反母趾になってしまいます。

親指は、特にひどい状態の人もいますよね。足の爪は磨かれていてキレイでも、親指の関節部分が真っ黒だったりしてね。

女は足の酷使しているから、自宅に帰って靴を脱いだ瞬間が幸せだったりする(笑)(それとブラを外した瞬間ww)

 

もう一つ、硬い床の上に正座する生活をしている人も黒ずみになりやすいですね。正座して床に座ったときに足の指が圧迫されるから。

それも、足の指の関節が黒ずんでしまう原因の1つ。

以上のことが、黒ずむ原因で、気がつくと、足の親指とか指先とか、関節が黒ずんでいます。

まとめてみると

  • 紫外線を浴びる
  • 細い靴を履いた時の外部刺激
  • 硬い床の上に正座する

となります。

足の指や指の関節には、思っている以上に負担がかかっているんですね。

ペディキュアを足の爪に塗る時に、黒ずみも消せるようにケアしましょう。そして、本当にキレイな足にしましょう。

 

足の裏やすねも黒ずむ。原因は紫外線

足の裏やすねも黒ずみますが、その原因は紫外線と外部刺激です。詳しく解説してみます。

足の裏

足の裏も黒ずむ部位なんです。

かかと部分とか、うおの目ができるあたりが黒ずんだりします。

人に見られないので、黒くてもいいと言えば、やっぱり気になる部分ですし、治せるもの治したいです。

足の裏の黒ずみ部分は、皮膚が硬くなっていることが多いので、保湿クリームを塗って保湿し、柔らかくする必要があります。

足の裏も、肌細胞のターンオーバーを正常にする必要があり、そのためには保湿することが必須だからです。

お風呂上がりの皮膚がキレイなときに、保湿クリームを塗るのがベスト!

帰宅してすぐ!というようなタイミングでは、1日の汚れが皮膚についていますし、特に足の裏は、汗をかいて細菌も発生してます。そこに効果のあるクリームを塗っても効果はありません。

また、かかとが固くなっていると、軽石で擦ったりすることをしてしまいますが、黒ずみは肌細胞のターンオーバーで治すので、軽石で擦っても黒ずみは治りません!

すねの黒ずみ

足のすねっキレイにしないといけない重要ポイントですね。

1番気になるのが『毛』。毛がボーボーの『すね』ってホント残念。しっかり脱毛されていないと、ワンピースやスカート履けませんからね。

しかし、『すね』もムダ毛処理をすることで、刺激を受けて黒ずみができやすかったりします。

せっかく脱毛してキレイな『すね』になっても、黒ずんでいたら残念・・・。

もう一つ、紫外線も『すね』が黒ずむ原因のでもあります。

『すね』は露出します。ワンピ・スカート・ハーフパンツなどなど、露出する洋服多いですから。

紫外線を大量に浴び、メラニン色素の沈着を起こしても、『すね』のケアし忘れることが多いです。

顔とか腕とか胸とかは、ケアするんですが、『すね』って紫外線のケア忘れますよね。

夏の季節に、外出したあと、帰宅してから『すね』の日焼け後のケアを忘れたり、秋・冬の乾燥する季節でも、すねの保湿ケアを、ついつい忘れてしまいます。

忘れるもなにも、『すね』をケアしようって思わない人も多いですしね。

しかし、そのケアが重要で、忘れずに『すね』のケアを続けていると、ターンオーバーが正常な周期になるし、メラニン色素も肌の表面に運ばれて剥がれ落ちます。

でも、ケアを忘れると、メラニン色素が色素沈着し、気が付いたら黒ずみができていたということに・・・。

外出前には、『すね』にも忘れずに日焼け止めを塗って予防することを忘れないようにしましょう。

 

足の付け根が黒ずんだ時の治す方法

黒ずみができて悩んでいる部位として、『足の付根』があります。

場所が場所だけに気づいていない人もいるし、改めて言われると、『私の足の付根も黒ずんでいる!』って、思い当たることがあるはずです。

本当に多くの女の人の足の付根が黒ずんでいるのですが、黒ずんだ原因は『紫外線』と『皮膚の摩擦』にあります。

でも、足の付け根には、紫外線は日常生活の中では、ほぼ当たらないと思います。海で水着になったときくらい。だから、原因のほとんどが『皮膚が擦れる摩擦』によるものです。

何と擦れている?

それはショーツがほとんどですね。

24時間ショーツは履いています。履いていないのはお風呂に入る時くらい。(裸族の人も中にはいますが(笑))

それにタイトなパンツを履いても擦れます。スキニーデニムなんて、ピッチピチに細いから、黒ずみの原因だったりするんです。実は。

だから、常に足の付け根は擦れているんですね。

だからといって、ショーツを履かないわけにはいかないし、スカートばかりという訳にもいきません。

だから、毎日のケアが黒ずみを治すのに大切なんですね。

長い時間をかけて黒ずんだから、治すのにもそれなりに時間がかかりますが、だからと言って何もケアしないよりは、よっぽどマシです。

色素沈着してしまったメラニン色素をターンオーバーで、皮膚の表面まで運んで剥がれ落とす必要があります。

治すとしても、場所が場所だけに人に知られたくないし・・・。だから黒ずみ専用のクリームを使ってケアする方法が一番。

 

黒ずみを治す『アットベリー』について書いた記事はこちら。

 

クリームは保湿とターンオーバーを正常にする効果があります。

本気で治したいと思っている人は、美容皮膚科に行ってレーザー治療をしてもらうと、もっと確実に治せると思いますが、料金もそれなりに高額になってきます。

仕事でモデルとかをやっている人は、足の付根部分が見られることもあると思うので、美容皮膚科に行って治したほうがいいけど、一般の人は、まず見られません。見られるとしても彼氏くらい。

彼氏のためといえども、そうそう治療にお金をかけていられないから、黒ずみ専用のクリームで治す方が、皮膚的にもお財布的にもおすすめです。

 

足の指や甲の黒ずみを治すなら市販のクリームに限る!

そんなにお金もかけれないし、時間もかけれないならクリームに限ります。

皮膚科とか美容エステは、治療効果は高いですが、お金も時間もかかるので、まずは市販されているクリームで治しましょう。

最近は、黒ずみをなくすことが、女性の身だしなみとして当然という感覚になってきたので、黒ずみ専用のクリームもたくさん市販されてます。

ただ、市販のクリームを使用しても、ある程度の時間がかかります。

時間をかけて黒ずんだから、治すのにも時間が必要!

肌の細胞のターンオーバーは28日が基本ですが、黒ずみができてしまう肌はターンオーバーの周期が乱れているので、新しい細胞に入れ替わるのに時間がかかるんです。(年齢によっても違ってきます)
しかし、諦めずに継続していけば、きっと足の黒ずみも解消できるから、根気よく続けて治療していきましょう。