【PR】

あしかがフラワーパークの大藤の見頃はGW前だった!実際に行ってみた体験記

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!

今回、大藤で世界的に有名な『あしかがフラワーパーク』に遂に日帰り旅行してきました!

GW(ゴールデンウイーク)に行ったのですが、平日だったので思ってたよりは混雑していなく、快適に大藤を始めバラなどを観賞することができました。

その体験記になります!

あしかがフラワーパークとは

フラワーステージ

あしかがフラワーパークは、栃木県足利市堀込町(現在の朝倉町)に早川農園として1968年に開園したのが始まりです。

250畳の大藤として愛されていたが、都市開発の為、1997年に現在の場所に移設しあしかがフラワーパーク として開園。

園内に250トンを超える量の炭を敷き詰め、土壌の浄化、生命体の活性化を図りました。その後、拡張整備し、現在は100,000㎡の敷地面積となっています。

10月下旬から開催されるイルミネーション『光の花の庭』は夜景コンベンションビューローが認定する日本三大イルミネーションに選ばれ、2016年から2022年まで7年連続で全国の夜景観光士が選ぶ全国イルミネーションランキングのイルミネーション部門で全国1位を獲得する程の規模と美しさ!

 

メール会員になると100円割引になります。

当日は入園料が1,800円だったので家族3人まで1,700円になりました。

園内は広大

あしかがフラワーパーク園内マップ

園内は広大で至る所に花が咲いています!

入り口は正面ゲートと西ゲートがあり、臨時駐車場に停めたので西ゲートから入場!

大長藤

大長藤

西ゲートから入場して一番最初に登場するのがこの大長藤!

最初から見事な咲きっぷりに圧倒されます!

池の中の花も丁寧に管理されています。

白藤の滝

白藤の滝

白藤の滝。GWでは遅すぎたようです。満開の時期は終わってました。

 

こちらの白藤は満開!いい匂い!

白藤とシャクヤクのコラボ!

そばにあるお店。藤を使ったコスメ系の商品を販売していました。匂いで癒されるんです。

むらさき藤のスクリーン

むらさき藤のスクリーン

むらさき藤のスクリーンも時期が終わってました。

むらさき藤のスクリーン満開見本

満開だとこうなるようです。次回チャレンジ!

 

八重藤

八重藤

そばにある八重藤。

八重藤から大藤を見る

八重藤から大藤を眺めるのもいい景色!

大藤の見頃はGW前だった

大藤棚は2本の幹から作られており、樹齢160年、広さ1,000㎡で栃木県指定天然記念物です。

 

大藤B

大藤B

人がいない瞬間を狙って撮影!

 

大藤A

大藤A

1本の幹から大藤棚が作られています。

大藤のアップ

淡い紫の色が綺麗ですね。

匂いも良い匂いがします!

白藤・きばな藤の見頃はGW!

紫藤は満開を少しすぎた感じでしたが、白藤ときばな藤はゴールデンウイークが丁度見頃で満開でした。

白藤のトンネル

白藤のトンネル

白藤のトンネル

白藤のトンネル

栃木県指定天然記念物の白藤のトンネル!

ちょうど見頃で満開の白藤はお見事でしたし、インスタ映えで写真を撮る人が多かったです。

トンネルの長さは76.5メートルもあるんですね。藤の香りに包まれて癒されながら歩けました!

きばは藤

きばな藤

日本では珍しいきばな藤も見頃で満開です。

バラの見頃はGW!

バラ

バラ

ゴールデンウイークが見頃の時期のようで、園内のバラは満開でとてもキレイでしたよ。

 

ローズの壁

ローズの壁もあります。

フラワーステージ

フラワーステージ

フラワーステージ

フラワーステージ

正面ゲート入ってすぐのフラワーステージの花が満開で、インスタ映えスポットになっていました。

 

プリンセス アイコ

プリンセス アイコ

プリンセス アイコもフラワーステージにありました!

 

ドクターラッペル

クレマチス ドクターラッペルも見事に咲いています!

メサージュ

メサージュもきれい!

 

藤のドームは見頃が終わってました。

おみやげは藤のお菓子がおすすめ!

正面ゲートにある売店

お土産は正面ゲートにあるメインの売店で購入するのがおすすめ。

皆さん、たくさん購入していましたよ。

 

藤にちなんだ各種お土産があり、人気の『ふじのはば物語』と『藤まんじゅう』はメール会員になると10%OFF。(時期により特典の内容は変わります。)

 

あしかがフラワーパーク藤はちみつキャラメル

私が購入したのは藤はちみつ生キャラメル!藤の花のはちみつを使ったキャラメルです。

 

藤はちみつキャラメルの開封した中

見た目は普通のキャラメル!とても美味しかったです。

11個入りです。(写真は4つ食べた後に撮影しました。)

 

アクセス

あしかがフラワーパークへのアクセスは下記の通りです。高速を使う人が多いと思いますが、どのICからも同じくらいの所要時間ですね。

道も複雑ではないのでわかりやすいと思います。

私は都内から行ったのですが、平日だったこともあり途中休憩を入れながら2時間くらいで到着。

次の日の5月3日は東北道の下りで30㎞ぐらい渋滞発生してました。

東北自動車道より

佐野藤岡ICから国道50号前橋・足利方面で約20分

北関東自動車道より

  • 太田桐生ICから国道122号経由、国道50号足利・小山方面で約25分
  • 足利ICから国道293号経由、県道67号佐野方面で約20分
  • 佐野田沼ICから県道16号経由、県道67号足利方面で約17分
  • 出流原スマートICから県道175号足利方面で約15分

駐車場は無料!

臨時駐車場

あしかがフラワーパークには無正面無料駐車場(大型バス40台・乗用車300台)がありますが、GWなどの混雑期は大型バスが停まるようで、一般の人は臨時駐車場に止めましたがその数6,000台!

周りは古い田んぼしかなく、その田んぼを駐車場として利用しているので6,000台も停められるんですね!

私も当日は臨時駐車場に停めましたが、スムーズに駐車できました。

 

西ゲート

臨時駐車場に停めると西ゲートから入場することになります!

 

電車

電車のアクセスは下記の通りです。

目の前にJRあしかがフラワーパーク駅が開業されているので、JR両毛線なら1本でアクセス可能!

東武伊勢崎線の方は館林駅で東武佐野線に乗り換えて、東武佐野駅からJR両毛線に乗り換え行くことが出来ます!

東武足利市駅からのシャトルバスはありません!

あしかがフラワーパークの詳細

運営会社 株式会社 足利フラワーリゾート
住所 〒329-4216 栃木県足利市迫間町607
電話番号 0284-91-4939
FAX 0284-91-4587
入園料 400円~2,100円(季節により変動)
営業時間 7:00~21:00/夜の部17:30~21:00
駐車場 正面駐車場:乗用車300台・大型バス40台/臨時駐車場6,000台全て無料
サービス メール会員割引有
敷地面積 100,000㎡

まとめ

今回は大藤で有名なあしかがフラワーパークの旅行記をまとめてみました。

綺麗に咲いている大藤を観賞でき、念願が叶ってよかったです。

藤だけでなく年間通して、季節の花が丁寧に管理されていて綺麗に咲いているので、また違う季節に訪れてみたいと思いますし、ライトアップされる夜の時間帯もチャレンジしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました