青色申告者の帳簿の書き方を解説

青色申告で確定申告をする為には、その年一年間の取引を帳簿に記載して記録に残す必要があります。

帳簿の種類は複数ありますし、簿記や会計の経験が無い人は、最初は分かりづらいかもしれませんが、一度覚えれば次からはスムーズに記載できるようになると思います。

確定申告の帳簿には主要簿と補助簿と二つに分けられます。

青色申告する時の主要簿

主要簿に該当するのは仕訳帳と総勘定元帳になります。貸借対照表と損益計算書を作成する上で欠かせない帳簿になります。業種や職種関係なく必要な帳簿です。

仕訳帳

全ての取引を日付順にまとめて仕訳した帳簿のことです。

総勘定元帳

全ての取引を勘定科目ごとに1冊にまとめた帳簿のことです。勘定科目が全てあるから『総勘定』です。

補助簿

主要簿では不十分な記録を補うための帳簿になります。業種に応じて必要な帳簿を使用するので使わない帳簿も出てきます。

現金出納帳

現金の出入りと残高を管理するための帳簿です。日付、取引先、金額、残高、摘要を記載します。

売掛帳

売り上げた取引先ごとに売掛と回収の管理をします。日付、金額、数量、単価など記載します。

買掛帳

仕入れた取引先ごとに買掛とその支払を管理します。日付、金額、数量、単価などを記載します。

経費帳

必要経費を記載します。従業員の給与、家賃、水道光熱費、消耗品費、旅費交通費、通信費、福利厚生費など

預金出納帳

預金の出入りと残高を管理するための帳簿です。口座別に管理ます。

固定資産台帳

固定資産があるときに、その資産と種類ごとに事業共用開始日、取得金額、耐用年数、償却率、償却額、数量を記載します。

青色申告特別控除65万円を受けるために必要な帳簿

青色申告特別控除を受ける為には、必要な書類を記帳しておかないといけません。

65万円は個人事業主にとっては大きな金額なので控除を得ましょう。

65万円の控除を受ける為に記帳する帳簿は、

  • 『仕訳帳』
  • 『総勘定元帳』
  • 『現金出納帳』
  • 『預金出納帳』
  • 『売掛帳』
  • 『買掛帳』
  • 『経費帳』
  • 『固定資産台帳』

など。

流れとしては、『仕訳帳』→『総勘定元帳』から『貸借対照表』→『損益計算書』を作成して、そこから『確定申告書』を作成する流れです。

青色申告した後の帳簿の保存期間は7年間

これらの帳簿は確定申告の時に提出は求められませんが、7年間の保存義務があります。

白色申告でも保存が義務付けられましたので、処分しないようにしましょう。

青色申告するときの減価償却をわかりやすく解説

減価償却!これ難しく考えると訳がわからなくなります。

でも、私でも分かるように簡単に書いてみました。

青色申告をするときは『減価償却費の計算』を提出しないといけません。

その中の『ニ』の項目『本年中の償却期間』という項目があります。

この意味、私も最初はまったくわかりませんでした。
ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

調べてみたら、

資産を月の中途で取得したり譲渡したり取壊しなどをした場合は、その月を一ヶ月目として計算した、本年中の償却期間の月間の数』を言うのです。

はっきり言って、よくわかりませんw。

例えを書いた方がわかりやすと思うので・・・。

4月23日に資産を取得して、12月まで引き続き使用しているケースは、本年中の償却期間は9ヶ月ということになります。

つまり、『12分の9』と申告書に書くことになるんですね。

減価償却にある前年末未償却残高とは

前年以前より減価償却資産を取得している場合は、(ほとんどの人がそうだと思います)

前年末未償却残高は、つぎの計算式で計算します。

『資産の取得金額』 - 『前年末までの償却費の累積額』

前年も青色申告をしている人は、前年作成した決算書の『減価償却費の計算』紙の未償却残高が、今年の『前年末未償却残高』になります。

どうでしょうか?

わかりましたか?

個人事業主の確定申告の社会保険料控除を簡単に解説

今回は確定申告で申請できる社会保険料の控除について書いてみました。

税金を安くすることができるから、忘れずに控除できるものは全て控除しましょう。

そもそも社会保険料とは

一年間で支払った社会保険料は確定申告の時に『社会保険料控除』として申請します。

そもそも社会保険料とは、納税者や配偶者やその親族負担するべき社会保険料を支払った場合と、給与から控除されるときに申請して受ける事ができます。

控除できる金額は、その年に実際に支払った金額や、給与、または公的年金から支払った金額の全額です。

確定申告の対象になる社会保険料

確定申告の対象になる社会保険料をあげてみます。

・健康保険
・国民年金
・厚生年金
・船員保険で被保険者として負担するもの
・国民健康保険
・介護保険料
・労働保険((雇用保険の被保険者として負担する労働保険)

・国民年金基金の掛け金
・厚生年金基金の掛け金
・国家公務員(地方公務員)共済組合法
・私立学校教職員共済法

などなどです。
(残りは公務員関係の共済関係です)

この中で主に青色申告に関係するのが、『国民健康保険料・後期高齢者医療保険料・介護保険料』であると思います。

確定申告が近づくと役所から、一年間に支払った社会保険料の納付金額のお知らせが届きます。

そのお知らせの中に、納付済みの社会保険料の合計金額が書いてあいてあるので、確定申告の時に金額を書き込めばいいんです。

簡単ですね。